遺骨ペンダント(公式ブランドサイト)

Beautiful Soul is here

手元供養‐コラム‐

パール(手元供養コラム)

更新日:2017年01月18日

パールイメージ

遺骨ペンダントソウルジュエリー公式 手元供養コラム、今回のテーマはパール。上品な美しさで、古来より女性を魅了し続ける真珠について、歴史や種類を取り上げます。

真珠・パールとは?

パール(Pearl) または真珠(しんじゅ)とは、貝から産出される宝石の一種です。
真珠は貝の殻の中で作られる宝石で、天然真珠は、貝殻成分を分泌する外套膜が貝の体内に偶然入りこむことで生成されます。
パールは、6月の誕生石で、石言葉は「健康・富・長寿・清潔・素直」といった意味が込められています。その美しい光沢から「月のしずく」や「人魚の涙」、その生成される過程から「女性」「乙女」の象徴といわれ、フォーマルな場での装飾品として世界中で親しまれています。

パールの生産地日本 ―養殖技術の発達

海イメージ

日本は昔から真珠の産地として有名で、日本書紀にはすでに真珠の記述が見つかっており、『万葉集』には真珠を詠み込んだ歌が56首含まれています。日本の真珠の美しさはヨーロッパまで伝えられ、コロンブスも憧れたそうです。

真珠はかつて、皇帝や王侯貴族達のみが手にできる物でした。それは、天然の真珠は一万個に一つの確立でしか採取できず、さらに取れたとしても色・光沢・形の不ぞろいなものがほとんどのため、極めて希少性の高い宝石であったからです。
実は、現在流通する真珠のほとんどが養殖です。真珠養殖は、19世紀後半から20世紀初頭にかけてフランス、イギリスなどで養殖真珠の研究が行われ、日本で1905年に御木本幸吉(ミキモト創業者)が、世界で初めて真円真珠の養殖に成功しました。
当初、ヨーロッパでは伝統的に天然真珠が主流であり、養殖真珠に対して非常に抵抗が強く排他的でしたが、日本の養殖真珠の品質の高さが認められ、1950年代 養殖真珠生産体制を確立した日本は世界の9割のシェアを誇りました。現在アジア諸国でも真珠は養殖されるようになりましたが、こうした養殖技術向上の結果、真珠は私達一般市民の間にも広く普及することとなりました。

パールの関連用語

パールイメージ

・アコヤ真珠
内側に美しい真珠層を有するアコヤ貝から産出される真珠。生産されるサイズは主に2mm~11mmで、真珠の中で最もポピュラーな種類であり、別名「和珠」と呼ばれるように、日本の代表的な真珠です。他の真珠と比べて真円に近い丸いものができる確率が高く、色はホワイト~ピンク系、ゴールド系、グレー系など多彩で、色やテリが美しいのが特徴です。

・南洋白蝶真珠
シロチョウガイ(白蝶貝)から産する真珠。アコヤ真珠に比べて大粒で巻きが厚く、ホワイトやゴールドの華やかな色味が特徴です。主にオーストラリア、インドネシア、フィリピン等で養殖されています。オーストラリア産の南洋真珠は青みがかった色を呈することが多く、一方、フィリピン産は黄色・金色の珠が多いようです。

・南洋黒蝶真珠(黒真珠)
クロチョウガイ(黒蝶貝)から産する真珠。主にタヒチで養殖され、ごく僅かですが沖縄県でも養殖されています。ひとことで黒と言っても、緑・赤・黄色の色素が複雑に混じりあって真珠ができるため、緑がかったもの、赤みがかったものなど多彩で神秘的な色が特徴です。黒地に虹色が浮かぶ、孔雀の羽のようなグリーンブラックの色味は「ピーコック」と呼ばれ、特に人気が高いのだとか。黒蝶貝からできる真珠は天然の色味ですが、アコヤ真珠など他の真珠を染色処理し、黒真珠と呼んでいるものもあります。

・淡水パール
上記のアコヤ真珠や南洋真珠は海水で産出されるものですが、イケチョウ貝やカラス貝など川や湖に棲息する貝の中に出来る真珠は淡水パール(淡水真珠)と呼ばれています。現在流通する淡水パールは他の真珠同様、ほとんどが養殖によって生産されています。淡水パールは、真珠がドロップ型やライス型といったさまざまな形状となり、粒が小さく安価なものはビーズとして使用され、近年では核を挿入して10mmを超える大玉も産出されるのだとか。

遺骨ペンダントのパール

遺骨ペンダントのパール

遺骨ペンダントソウルジュエリーのパールには、“てり”と”まき“にこだわり人工的な着色を一切施していない上質な真珠だけを厳選し使用しています。
ソウルジュエリーで使用するパールの特徴として、その一粒に遺骨を納めるインナーポケットを実現するため、南洋真珠の大玉(11㎜)を厳選して使用しています。高度な卓越した技術を持つジュエリーアーティストの手でひとつひとつ丁寧にインナーポケットをおつくりしております。(実用新案取得済)
大切な方への想いを納めて身につけられるようになりました。



Page Top

Page Top