遺骨ペンダント ソウルジュエリー ブランドサイト

Beautiful Soul is here

 

更新日:2016年11月21日

金属アレルギーの話

遺骨ペンダントのネジを開める。

Soul Jewelryを販売開始してから、金属アレルギーに悩まれている方が思っていた以上に多いことに驚きました。 原因となる金属は、花粉や食べ物など他のアレルギーと同様、人それぞれとのこと。 今回は、金属アレルギーについて少し調べました。

金属アレルギーとは?

病名は「接触性皮膚炎」。原因物質が肌に触れたことによって、皮膚が炎症を起こしてしまうことです。
金属アレルギーの場合、金属製のジュエリーや時計などを身に着けた際に、汗で少しずつ金属が溶け出して体内に取り込まれると、体内のたんぱく質と結合してアレルギーの原因となる「アレルゲン」に変質します。そこで体の免疫構造は、外敵であるアレルゲンに対抗しようと「抗体」をつくりだします。この「抗体」が「アレルゲン」に対して過剰反応した状態が、金属アレルギーの正体です。

アレルギー反応が出るまでの期間は、数日~数年まで、個人差があるそうです。以前は大丈夫だったのに、ある日突然症状が出てしまうのも、アレルギー反応が起こるまでの期間が人によるためだと考えられます。
また、アクセサリーや時計だけではなく、実は歯の治療で使った金属が原因で金属アレルギーの症状が起きることあるそうなので、注意が必要です。

アレルギーを起こしやすい素材は?

金属アレルギーを起こしやすい素材として代表的なのがニッケル、コバルト、水銀、クロムです。
一般的に、チタン、シルバー、金(ゴールド)、プラチナはアレルギーを起こしにくい金属だと言われています。
しかし、シルバー、ゴールド、プラチナはそれぞれ純度100%での使用は、柔らかすぎてジュエリーの加工には向いていないため、加工や細工を行うために他の金属(割り金)を混ぜています。そのため、稀に他の金属に反応しアレルギー症状が出てしまうケースがあるそうです。また、チタンの場合も、コーティングや割り金等によって症状が出てしまう場合もあるそうです。

ソウルジュエリーシリーズでは、金属アレルギーをお持ちの方でもお選びいただける遺骨ペンダントとして、チタン素材K18・プラチナ素材ステンレス素材の商品を各種ご用意しております。中でもステンレス素材の遺骨ペンダントは、サージカルステンレスと呼ばれる人体への影響が極めて低いステンレス316Lの素材を使用しております。医療用のメスやハサミとしても使われている素材です。ぜひ御検討下さい。

金属アレルギーの話

金属アレルギーの話

Soul Jewelryを販売開始してから、金属アレルギーに悩まれている方が思っていた以上に多いことに驚きました。

遺骨ペンダントの入れ方

遺骨ペンダントの入れ方について入れ方について

遺骨ペンダントの購入を考えている方に最も聞かれる質問と言えば、「遺骨ペンダントの入れ方」についてのこと。

遺骨ペンダントの入れ方

人気デザインはどれ? もっと知りたい遺骨ペンダントのこと。

遺骨ペンダントには様々なデザインの商品があり、その豊富なバリエーションにも人気の秘密があるようです。

遺骨ペンダントの入れ方

今注目!ステンレスについて(遺骨ペンダント 素材の話 vol.1)

遺骨ペンダントを探す上でみなさん迷われるのが、「素材」のこと。 シルバー、ステンレス、ゴールド、プラチナ、チタン…近年の遺骨ペンダントは、素材のバリエーションが大変豊富になってきました。

遺骨ペンダントは良くないもの?縁起が悪い!?それホント?

遺骨ペンダントは良くないもの?縁起が悪い!?それホント?

遺骨を少し分けてアクセサリーに納め、大切な人をいつまでも傍で感じることのできる遺骨ペンダント。近年の人気を受け多くのシリーズが展開されていますが、「遺骨ペンダントを持つのは良くないですか?」というご不安の声をたびたび伺います。

大切な方の遺骨を入れられるインナーポケット機能付遺骨ペンダント ソウルジュエリー

ミニ骨壺とも呼ばれ、大切な方の遺骨や遺灰や思い出を納められる器ソウルプチポット

ミニ骨壺ソウルプチポットなどを置くことのできる敷台、飾り台 ソウルステージ

遺骨ペンダントソウルジュエリー等を扱っているお店・ショップのご紹介

日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度であるグッドデザイン賞受賞商品

大切な遺骨ペンダントを末永くご愛用頂くためにアフターサービスをご用意



Page Top

全国お取扱い店舗一覧はこちら