遺骨ペンダント(公式ブランドサイト)

Beautiful Soul is here

ソウルジュエリー・ソウルプチポットに
多く寄せられる主なご質問に、お答えします。

遺骨を納めることのできるジュエリー、ミニ骨壺です。一般的には、遺骨ペンダントやメモリアルジュエリー、手元供養商品などとも言われています。
ソウルジュエリーはこちら
ソウルプチポットはこちら
Soul Jewelryは、遺骨を加工するタイプではなく、ジュエリーの一部にネジ式の穴が開いており少量のお骨を直接ご自身で入れていただくタイプです。小さな穴から付属のロートを使用してお骨を納めたあとは、ねじ式やキャップ式のフタでしっかりと固定します。お手元でお納めが可能なので、「大事な遺骨が手元を離れるのは不安」というお客様にご好評頂いております。
ソウルジュエリーミニ骨壺ソウルプチポットは、お店にご遺骨をお預けいただくのではなく、遺骨ペンダントやミニ骨壺の中にご自身で遺骨を納めていただく商品です。お手元でお納めが可能なので、「大事な遺骨が手元を離れるのは不安」というお客様にご好評頂いております。
私共はソウルジュエリーに遺骨を入れる作業をお客様自ら行っていただきたいと考えております。大切な方の遺灰や遺骨を故人に想いを語りかけながら納める時間もソウルジュエリーがお客様にご提供できる価値の一つだと考えております。
遺体の火葬は法律で規定されていますがその後の焼骨の扱いについての規定はなく、焼骨を何らかの容器に納めて身につけても法律に触れることはありません。
大丈夫です。大切な故人の遺骨ですので、故人を想い、お気持ちをこめて大事に取り扱ってあげてください。
ご遺族の了解があれば、親族以外の方でも遺骨をお持ちになることになんら問題はありません。生前からご縁のある方が身近に遺骨をお持ちになることも心のこもったご供養のひとつです。
ほとんどの方がお墓に埋葬しています。外出時などに万一なくされた場合でも、遺骨はお墓に納められているので安心です。
ご安心ください。成仏できます。お釈迦様の遺骨を分骨した各地の舎利塔のように、故人をそばに感じていたい、そんなお心で遺骨を身近に置かれる気持ちが大切です。
お墓から遺骨を取り出すことは可能です。納骨を依頼した石材店にご相談してみると良いでしょう。
身につけたり、ご自宅に置く場合の手続きは必要ありません。ただし分骨した遺骨を別のお墓に納める際には、「分骨証明書」が必要になります。未定の場合は、念のため分骨の証明書を入手しておくことをおすすめします。
付属の専用ドライバー、ピンセット、ロートをご利用ください。ジュエリーのねじ式やキャップ式のフタを開け、ロートを利用して遺骨を納めてください。
遺骨や遺灰以外にも、故人が遺された小さな遺品や形見を入れられる方もいらっしゃいます。
アレルギーをおこしにくい、ステンレスやチタン素材のペンダントもご用意しています。人体への影響が極めて少ないため、医療用のメスやハサミなどにも用いられている素材です。また、肌に直接触れずに身に付けられるブローチもございます。
男性向けのスタイリッシュなデザインや長いチェーンを選べるペンダントもご用意しています。また、男性用ブレスレットもございます。
大切な方への想いを納めるにふさわしい価値あるジュエリーとして、ゴールド素材はすべて18金です。
ご自分がもしもの時には、大切な方の遺骨も一緒に棺に入れて欲しいという方もいらっしゃいます。可燃性の木製のソウルジュエリーやソウルプチポットもご用意しています。また、遺骨を取り分ける際に分骨証明書を取得しておけば後々、お墓に納骨することも可能です。
お墓やお仏壇でのご供養の他に、つねに故人のそばにいたいとお望みの方、ご家族やご親族の方にお渡ししたり、嫁ぎ先で実父母のご供養を望まれる方。その他お墓が遠くなかなか行けない方や、住宅事情でお仏壇を置けない方などにも選ばれています。
水などに浸かると、インナーポケットの中に納めたものに影響が出ることがあります。水泳やご入浴などの際にはお取り外しください。
お骨を粉になるまで細かくする必要はありません。遺骨ペンダントの場合にはお骨壷に入っている細かな遺灰をお納めください。ジュエリーに付属の色紙で細かくしていただくことも可能です。ミニ骨壷の場合にはお骨の小さめのかけらでも構いません。骨壷から細かな粉やかけらをひとかけら拾い、ジュエリーであれば付属のロートで納めます。
在庫があれば、約1週間です。遺骨ペンダントのプラチナ、K18ゴールド素材の商品はご注文承り後の製作のため約4週間、ミニ骨壺の特注品は商品によりますが、約4週間~最大2か月のお時間を頂戴しています。
ソウルジュエリーの商品数は300点以上あり、取り扱い店舗であってもすべての商品は展示しておりません。ご希望の商品がありましたら、事前にお電話でお問い合わせいただきますようお願い致します。
商品によって異なります。遺骨ペンダントやリングなどソウルジュエリーの場合、米粒半粒から一粒程度です。ミニ骨壺の場合、米粒一粒程度から数かけら程度です。
Soul JewelryやSoul Petit Potの一部のみ、商品の特性上、金属用のゆるみ止め固着剤をお付けしています。(素材が固い場合、トップをネジで支えている場合など)
恐れ入りますが、ソウルプチポットでの刻印サービスはございません。
それぞれのペンダントタイプに合わせた長さやデザインのチェーンをご用意しておりますので、詳しくはカタログをご確認下さい。ご使用いただく中でお直しやサイズ調整をご希望の場合には、お買い求めいただいた店舗にお問い合わせ下さい。
ソウルジュエリーの金製品は、18金(K18)製の素材に統一させていただいいております。金がもたらす永遠の価値と普段使いにも耐えられる強度を両立させる配分が18金であると考えているからです。
大切な方のご遺骨をおさめて身近に感じていただくミニ骨壺 Soul Petit Pot 専用のステージです。日々の暮らしに調和し、想いおもいに故人を偲んでいただける様々なデザインをご用意しています。
仏壇ではありませんので、基本的にお位牌を置いていただく必要はありません。
多くのソウルジュエリーのペンダントは、チェーンが交換可能な構造になっております。チェーンのみのご用意もしておりますのでお気軽にご相談ください。※一部、お預かりでの修理が必要な商品もございます。
ソウルジュエリーの個装箱の中には、簡単にお骨を納められる納骨キットとご説明書が入っております。納骨の仕方について、詳しくはそちらをご参照下さい。
ソウルジュエリーにはリングの中に遺骨や遺灰をを納めるシリーズをご用意しております。
プラチナやゴールド素材のソウルジュエリーはオーダー商品となっているため、制作に4週間ほどのお時間をいただいております。お墓への納骨までの間に故人様の遺灰や遺骨を遺骨ペンダントに取り分けたいところですが、この場合間に合わないことになります。多くのお客様は小分け袋に取り分けておいて遺骨ペンダントがお手元に届いてからペンダントにお骨を納めるか、ソウルプチポット(ミニ骨壺)に一度取り分けてペンダントに納めているようです。
ソウルプチポットはこちら
火葬場によっては、金属など不燃性のものを棺にいれられないところが多いようです。遺骨ペンダントSoul Jewelryは、木製のペンダントをご用意しております。ペンダントの金具部分を外していただき棺にいれることもできます。
防水効果のあるO(オー)リング付きの遺骨ペンダントをご用意しております。
Soul Jewelryに使用されるダイヤは外部の鑑定機関によりダイヤの鑑定書がついているものと、ついていないものがございます。輝石のカラット数やクオリティーに応じて特にダイヤのグレードの優れている商品に発行しているものです。
鑑定書が付属した遺骨ペンダント プラチナ&ダイヤモンドはこちら
ローズゴールドはピンクゴールドの名称の違いで、内容や素材に違いはありません。
ソウルジュエリーはデザイン性を重視していることから、ペンダントヘッドの中のお骨を納めるインナーポケットが小さい商品が多いのが特徴です。遺灰や遺骨をできるだけ多く収めたいとのご要望にお応えして大容量タイプの遺骨ペンダントのラインナップをご用意いたしました。
ご使用に際して、汚れやくすみが気になる場合は、同梱のお手入れクロスで軽く拭くと輝きが戻ります。しばらくお手入れをされないと、変色の原因にもなりますので、汚れや汗などが付いた場合は、同梱のクロスでお手入れしてください。
恐れ入りますが、ソウルジュエリーでの刻印サービスはございません。
リングのお骨を納める箇所(インナーポケット)は、ペンダントなどその他のソウルジュエリーと同じネジで口を締める構造になっています。
リングの素材であるシルバーはペンダントヘッド側のメスネジとネジ側のオスネジがかみ合って密封される構造となっております。
ただし、時計やスマートホンなど精密機器に施されるゴムのパッキンなどを使用した防水加工構造となっておりません。ご心配の場合には念のため、お水を使う場合には外してご使用ください。


Page Top