店舗を探す

遺骨ペンダントベーシックライン

Basic Line

大切な人といつも一緒にいる為にいつも身につけるものだから、シンプルなデザインを。
より洗練されたベーシックなソウルジュエリーが登場しました。

永遠の定番”プチオープンハート”

かわいい人を忘れず。”ウフ・ミニョン”

いつも祈りを胸に。”プリエ”

高貴な人を収める。”ノーブル”

大切な人との絆をつなぐ輪。”アノー”

幅広い年齢の方に手に取っていただけるベーシックなデザイン。
フォーマルからカジュアルまで、どんな服装にも合わせやすいデザインなので、いつも身につけることができます。

オンラインショップ

ベーシックラインの商品一覧

遺骨ペンダントとは

  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    ペンダントのトップに遺骨や遺灰、遺髪等を少量納めて身につけられるジュエリーです。ペンダントの本体に空洞があり、ネジで開閉することで納められます。
  • 故人を胸元に感じることで、前向きになる

    年齢・性別を問わず、身近な人を亡くした寂しさや喪失感から「まだ離れがたい」「そばにいて欲しい」という想いを持つ方に選ばれています。
  • どなたでも難しくなくご供養できます

    分骨には、遠方のお墓から分骨し、身近な場所に新しく準備したお墓に移す方法、そしてもうひとつは手元に少量だけ分骨し、専用の器やアクセサリーに入れて手元供養をする方法があります。
  • ソウルレッドに込めた想い

    大切な人への想いを込めて、いつも一緒に輝くために。最愛の人を想うためのジュエリーです。愛情の力、ポジティブな姿勢を、純粋で明るい赤で象徴しています。
  • 豊富なバリエーション

    毎日身につけやすいシンプルなもの、特別な日のフォーマルなデザイン、アレルギーを起こしにくい素材、メンズタイプなど、多数ラインナップ。貴方だけの一点をお選びください。
  • これからもいつもそばに

    まだ離れがたい、母娘で一緒に持ちたい、そばにいたいという故人の意志…様々な想いのかたち。色あせることのない絆を、身に着けられる手元供養「ソウルジュエリー」という形にかえて、これからも共に歩んでいくために

手元供養の方法についてもっと知る

遺骨ペンダントを購入したお客様の声

  • 50代

    故人(父)がいつも見守ってくれているような気持ちになります。10年前夫が亡くなった時はなかったので(商品が)淋しい気持ちがながく続いたような気がします。今は「いつも一緒」の気持ちとなり、身近に供養できることで支えられています。

     

  • 40代

    デザインが気に入って購入しました。ペンダントをつけているといつも身近に感じられお守りのようで安心できます。(40代・女性)

     購入商品:ハート1・2・3

  • 50代

    突然離れてしまったので自分の気持ちの整理がつきません。この商品を身につけバッグに入れて持ち歩くことでずっと一緒と思えると思います。ハグハートのネーミングも私のハートをハグしてくれている感じで気に入りました。守られていると思えます。

     

  • 20代

    生前「家に帰りたい」と言っていましたので、やっと帰ってこれたね、と言った気持ちで身につけさせて頂いてます。重くなりすぎず普段使いもしやすいのでとても気に入っています。

     購入商品:ベーシックライン

  • 40代

    インターネットで見た時はオープンハートが良いかな~?と思ってたんですけど、実際お店で見たら思っていたよりハートの部分が大きくて、私には派手すぎると思ったので色々付けさせて頂いてハートⅢに決めました。実際お店に行って見て良かったです。今まで1ヶ月半ほどカプセル型のペンダントを使用していたのですが見た目もあって服の中に入れて使ってたのですが、このペンダントは普通のジュエリーにしか見えないので、気にしないで毎日付けられます。服装によってチェーンの長さが変えられるのもすごく嬉しいですね。(40代女性)

     購入商品:ハート1・2・3

  • 60代

    デザインが良かったので購入しました。できればもう少し遺骨が入るといいと思いました。とても大切にしていた愛猫の遺骨なので、肌身離さずつけていられるので嬉しいです。

     

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す