店舗を探す

遺骨ペンダントベーシックライン

Basic Line

大切な人といつも一緒にいる為にいつも身につけるものだから、シンプルなデザインを。
より洗練されたベーシックなソウルジュエリーが登場しました。

永遠の定番”プチオープンハート”

かわいい人を忘れず。”ウフ・ミニョン”

いつも祈りを胸に。”プリエ”

高貴な人を収める。”ノーブル”

大切な人との絆をつなぐ輪。”アノー”

幅広い年齢の方に手に取っていただけるベーシックなデザイン。
フォーマルからカジュアルまで、どんな服装にも合わせやすいデザインなので、いつも身につけることができます。

オンラインショップ

ベーシックラインの商品一覧

遺骨ペンダントとは

  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    ペンダントのトップに遺骨や遺灰、遺髪等を少量納めて身につけられるジュエリーです。ペンダントの本体に空洞があり、ネジで開閉することで納められます。
  • 故人を胸元に感じることで、前向きになる

    年齢・性別を問わず、身近な人を亡くした寂しさや喪失感から「まだ離れがたい」「そばにいて欲しい」という想いを持つ方に選ばれています。
  • どなたでも難しくなくご供養できます

    分骨には、遠方のお墓から分骨し、身近な場所に新しく準備したお墓に移す方法、そしてもうひとつは手元に少量だけ分骨し、専用の器やアクセサリーに入れて手元供養をする方法があります。
  • ソウルレッドに込めた想い

    大切な人への想いを込めて、いつも一緒に輝くために。最愛の人を想うためのジュエリーです。愛情の力、ポジティブな姿勢を、純粋で明るい赤で象徴しています。
  • 豊富なバリエーション

    毎日身につけやすいシンプルなもの、特別な日のフォーマルなデザイン、アレルギーを起こしにくい素材、メンズタイプなど、多数ラインナップ。貴方だけの一点をお選びください。
  • これからもいつもそばに

    まだ離れがたい、母娘で一緒に持ちたい、そばにいたいという故人の意志…様々な想いのかたち。色あせることのない絆を、身に着けられる手元供養「ソウルジュエリー」という形にかえて、これからも共に歩んでいくために

手元供養の方法についてもっと知る

遺骨ペンダントを購入したお客様の声

  • 60代

    いかにも遺骨ペンダントという感じではなく、身につけるアクセサリーとしても自然に見えるので、安心して使えそうです。主人がこれから一緒に旅行したがっていた場所が沢山あるので旅行の時に身につけて一緒に出かけたいと思っています。

     

  • 40代

    とても気に入っています。外出(遠出)の時にはこれからも一緒に母も、、、っと思うと安心します。ありがとうございます。

     購入商品:ベーシックライン

  • 50代

    いつも息子といられたらと思ってたおりに広告で御社のソウルジュエリーの事を知り、インターネットで調べた上で店舗へ伺いました。亡くなってから楽しみなどなかったのですが、ペンダントが届くのが待ち遠しく楽しみとなっていました。スタッフの方が丁寧な応対をして頂いて有難かったです。本当に有難うございました。

     購入商品:クラウンハ―ト・グリーククロス・ホースシュー

  • 60代

    形・大きさがちょうど良い。遺骨ペンダントには見えず、身に付けていても自然である。外出時には常に身に付けている。故人(娘)と常に一緒にいられるようで寂しさを少し和らげることができている。

     購入商品:ベーシックライン

  • 40代

    とても仲が良かった義父母でしたが、母が急に入院し、1ヶ月も経たずに他界してしまい、母の遺骨は自分と一緒に納骨して欲しいと話され、常に一緒に居たいのだと感じました。買い物や外出の際も一緒にいたいだろうと思い、もし義父が今後亡くなった際にも柩に一緒に入れ、一緒に天国へ行けたらと思い、プレゼントしました。

     

  • 40代

    いつも彼女と一緒にいられるので安心です。

     購入商品:メビウス・エレガントレース・スタイリッシュクロス

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す