店舗を探す

遺骨ペンダントブローチ

Brooch Series

遺骨ペンダントトップブランド「ソウルジュエリー」のブローチシリーズ。
記念日や思い出の場所への外出には身につけて一緒に。部屋では、そばで見守ってくれる、遺骨の入れられるブローチです。
草花の描く滑らかな流線が、大切な人を包み込みます

ブローチの商品一覧

遺骨ペンダントとは

  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    ペンダントのトップに遺骨や遺灰、遺髪等を少量納めて身につけられるジュエリーです。ペンダントの本体に空洞があり、ネジで開閉することで納められます。
  • 故人を胸元に感じることで、前向きになる

    年齢・性別を問わず、身近な人を亡くした寂しさや喪失感から「まだ離れがたい」「そばにいて欲しい」という想いを持つ方に選ばれています。
  • どなたでも難しくなくご供養できます

    分骨には、遠方のお墓から分骨し、身近な場所に新しく準備したお墓に移す方法、そしてもうひとつは手元に少量だけ分骨し、専用の器やアクセサリーに入れて手元供養をする方法があります。
  • ソウルレッドに込めた想い

    大切な人への想いを込めて、いつも一緒に輝くために。最愛の人を想うためのジュエリーです。愛情の力、ポジティブな姿勢を、純粋で明るい赤で象徴しています。
  • 豊富なバリエーション

    毎日身につけやすいシンプルなもの、特別な日のフォーマルなデザイン、アレルギーを起こしにくい素材、メンズタイプなど、多数ラインナップ。貴方だけの一点をお選びください。
  • これからもいつもそばに

    まだ離れがたい、母娘で一緒に持ちたい、そばにいたいという故人の意志…様々な想いのかたち。色あせることのない絆を、身に着けられる手元供養「ソウルジュエリー」という形にかえて、これからも共に歩んでいくために

手元供養の方法についてもっと知る

遺骨ペンダントを購入したお客様の声

  • 60代

    ゆっくりじっくり接してあげられず、思いもよらない結果になってしまった。一番大事なことを伝えられず、又してあげられないままになってしまった。後悔ばかり残る毎日だが、小さな旅行、楽しいと思われることや記念になる日などに、いつも一緒に過ごしたい。身につけて、恥ずかしくない生き方をしたいと思う。

     

  • 60代

    納骨をして何となく寂しくなってしまうと思い購入しました。少し心が落ち着きます。普段は仏壇の横に置いて、旅行の時には身につけていたいと思います。(60代・女性)

     購入商品:パヴェ(ドロップ・クローバー・プチハート)

  • 30代

    デザイン性は良くインターネットで見た印象に近く良かった骨を入れる部分がやはり小さかったが、満足である

     購入商品:ハート1・2・3

  • 60代

    33才の息子でした。一人暮らしをしていたので世話をしてやることも出来ず後悔しています。せめて抱いていてあげたいです。

     購入商品:パヴェ(ドロップ・クローバー・プチハート)

  • 30代

    なるべくお骨がたくさん入りそうで、自分の年齢が高くなっても着けていられそうな物をえらびたくて、このペンダントにしました。お骨も思っていたよりも入れる事が出来たし、着けていても違和感がないので、とても気に入っています。(30代・女性

     購入商品:パヴェ(ドロップ・クローバー・プチハート)

  • 60代

    33才の息子でした。一人暮らしをしていたので世話をしてやることも出来ず後悔しています。せめて抱いていてあげたいです。

     購入商品:パヴェ(ドロップ・クローバー・プチハート)

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す