店舗を探す

遺骨ペンダントキュービック・ジルコニア

Cubic Zirconia

チェコ北部にあり長い歴史を持つクリスタルガラスメーカー、プレシオサ社。
ベルサイユ宮殿やフォンテーヌブロー宮殿のシャンデリアも手掛ける一流メーカーです。
プレシオサキュービック・ジルコニアは、光の屈折率が最大になる独自の製法とカッティング技術で、世界最高峰の輝きを実現しています。

キュービック・ジルコニアの商品一覧

遺骨ペンダントとは

  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    ペンダントのトップに遺骨や遺灰、遺髪等を少量納めて身につけられるジュエリーです。ペンダントの本体に空洞があり、ネジで開閉することで納められます。
  • 故人を胸元に感じることで、前向きになる

    年齢・性別を問わず、身近な人を亡くした寂しさや喪失感から「まだ離れがたい」「そばにいて欲しい」という想いを持つ方に選ばれています。
  • どなたでも難しくなくご供養できます

    分骨には、遠方のお墓から分骨し、身近な場所に新しく準備したお墓に移す方法、そしてもうひとつは手元に少量だけ分骨し、専用の器やアクセサリーに入れて手元供養をする方法があります。
  • ソウルレッドに込めた想い

    大切な人への想いを込めて、いつも一緒に輝くために。最愛の人を想うためのジュエリーです。愛情の力、ポジティブな姿勢を、純粋で明るい赤で象徴しています。
  • 豊富なバリエーション

    毎日身につけやすいシンプルなもの、特別な日のフォーマルなデザイン、アレルギーを起こしにくい素材、メンズタイプなど、多数ラインナップ。貴方だけの一点をお選びください。
  • これからもいつもそばに

    まだ離れがたい、母娘で一緒に持ちたい、そばにいたいという故人の意志…様々な想いのかたち。色あせることのない絆を、身に着けられる手元供養「ソウルジュエリー」という形にかえて、これからも共に歩んでいくために

手元供養の方法についてもっと知る

遺骨ペンダントを購入したお客様の声

  • 60代

    いつも身につけ、身近に感じられます。

     

  • 30代

    思ったよりもずっしりとした重みがあり、いつもともにあるという実感を得ることができるように思います。今までは、何か特別な時しかペンダントをつけませんでしたが、このメビウスは普段から身につけていたいと思っております。

     

  • 70代

    毎日クビに掛けています。

     

  • 50代

    仰々しくなくシンプルなデザインが気に入っている。誕生日や家族旅行の折に身につけたい。

     

  • 40代

    いつも彼女と一緒にいられるので安心です。

     

  • 60代

    旅行、山登り、買い物等、結婚46年いつも一緒でした。子供も呆れるくらい一緒でした。昨年喜寿のお祝いに子供達から旅行券をプレゼントされました。来年の誕生日に子供達家族と一緒に沖縄に行く計画を立てていたのですが、それは叶わず、でした。今も身につけていつも一緒です

     

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す