店舗を探す

遺骨ペンダントキュービック・ジルコニア

Cubic Zirconia

チェコ北部にあり長い歴史を持つクリスタルガラスメーカー、プレシオサ社。
ベルサイユ宮殿やフォンテーヌブロー宮殿のシャンデリアも手掛ける一流メーカーです。
プレシオサキュービック・ジルコニアは、光の屈折率が最大になる独自の製法とカッティング技術で、世界最高峰の輝きを実現しています。

キュービック・ジルコニアの商品一覧

遺骨ペンダントとは

  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    ペンダントのトップに遺骨や遺灰、遺髪等を少量納めて身につけられるジュエリーです。ペンダントの本体に空洞があり、ネジで開閉することで納められます。
  • 故人を胸元に感じることで、前向きになる

    年齢・性別を問わず、身近な人を亡くした寂しさや喪失感から「まだ離れがたい」「そばにいて欲しい」という想いを持つ方に選ばれています。
  • どなたでも難しくなくご供養できます

    分骨には、遠方のお墓から分骨し、身近な場所に新しく準備したお墓に移す方法、そしてもうひとつは手元に少量だけ分骨し、専用の器やアクセサリーに入れて手元供養をする方法があります。
  • ソウルレッドに込めた想い

    大切な人への想いを込めて、いつも一緒に輝くために。最愛の人を想うためのジュエリーです。愛情の力、ポジティブな姿勢を、純粋で明るい赤で象徴しています。
  • 豊富なバリエーション

    毎日身につけやすいシンプルなもの、特別な日のフォーマルなデザイン、アレルギーを起こしにくい素材、メンズタイプなど、多数ラインナップ。貴方だけの一点をお選びください。
  • これからもいつもそばに

    まだ離れがたい、母娘で一緒に持ちたい、そばにいたいという故人の意志…様々な想いのかたち。色あせることのない絆を、身に着けられる手元供養「ソウルジュエリー」という形にかえて、これからも共に歩んでいくために

手元供養の方法についてもっと知る

遺骨ペンダントを購入したお客様の声

  • 50代

    私は、兄がミニ骨壷を購入したので、私も父の思いを自分の身近に置きたいと思い、何かないのかと兄に聞いたらジュエリーの中に納める商品があるというので、カタログを見せてもらったら、オシャレなので、すぐ購入を決めました。身につけてみたら、しっとり感があり、しかもある程度重く気に入った。これで、父は私の胸元にいつもいる。見守って!

     購入商品:チャーム

  • 30代

    毎日身に付けている

     

  • 30代

    リビングに写真立と一緒に置いている

     

  • 60代

    できるだけ身につけていたいと思う

     購入商品:チャーム

  • 80代

    1人ではさびしいから

     

  • 50代

    突然、父が亡くなり、父との別れが納得できず、いつも父が傍で見守っていてほしいと思い、ペンダントにして身につけています。困ったことや不安な時はペンダントをにぎって亡くなった父と会話しています。会話とは言っても一方的に私が話しています。にぎって話すだけで心が安らぎます。

     購入商品:キュービック・ジルコニア

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す