店舗を探す

ミニ骨壷漆器

明治10年創業の山中漆器の老舗 多田桂寛の伝統工芸師の手により、ひとつひとつ丹念に仕上げられた本漆天然木のソウルプチポット(ミニ骨壺)。
季節の移ろいと四季の花々を、漆工芸に伝わる数々の技で描いています。大切なものを納めるために古来より重宝されてきた漆器。
大切な方を納めるためのミニ骨壺として、心と技を込めてしつらえました。

漆器の商品一覧

ミニ骨壷とは

  • 手元に置ける小さな骨壷

    ミニ骨壷は、大切な人のご遺骨を自宅に置くことのできる骨壷です。一般的な本骨壷に比べ、高さ6センチ前後の小さなサイズで、お部屋やインテリアに馴染むおしゃれなデザインが特徴です。
  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    まだ離れがたい、大切な人が亡くなった後も共に生きたいという想いから、近年選ばれているのが、遺骨を身近に持つ「手元供養」です。ミニ骨壷のほか、他にペンダントに納める遺骨ペンダントなどもあります。
  • 手元供養は難しいことではない

    遺骨やミニ骨壷と言っても、取り扱いは決して難しいものではありません。お墓への納骨や散骨前の本骨壷から、ミニ骨壷の大きさに合わせて少量ご遺骨を取り分けます。親子や兄弟同士でそれぞれ分けて持つ方も。
  • 家族で共に、これからも暮らす

    家族が集まる家で、これからも共に団欒を過ごす。生活の瞬間にいつもそばに。旅行先などの特別なシーンで、一緒に想い出を作る。そんな想いを叶えるのがミニ骨壺、ソウルプチポットです。
  • ひとつひとつの想いから発想

    大切な人の好みにかなうもの。残された方の励ましになるもの。そんな願いから、ひとつひとつのデザイン・アイデアが生まれます。
  • 上質で本物の素材

    ずっしりと重みのある金属製、温かみのある木製、素材感から耐久性まで厳しく吟味しています。いつまでもかわらぬ想いと美しさで大切な人を包みます。

手元供養の方法についてもっと知る

ミニ骨壷を購入したお客様の声

  • 40代

    とても色合いが良く満足している。神秘的な感じがする。主人とよくウォーキングに行っていたので、緑色を見ると当時を思い出し懐かしくなる。

     購入商品:まとう

  • 50代

    デザインと色合いが素晴らしく大変満足です。上品で高級感もありステージにすっとなじむたたずまい、リビングに置いても浮かない感じも気に入ってます。

     購入商品:まとう

  • 50代

    値段はお高いですが、七宝焼きで上品なものです。海が好きで海に散骨しました。その一部を入れて手元に置いています。写真とお鈴と花等と一緒に飾り毎日語りかけています。

     購入商品:まとう

  • 40代

    子供の骨なので小さいものを探してました。あまり目立つのも嫌だったので、サイドテーブルにちょこんと乗せてます。卵型なのでかわいくて手のひらで包めてとても良いです。

     購入商品:ポポ

  • 50代

    いつもどこへ行く時にも、かばんの中に入れています。そばにいて守られているような気がして落ち着きます。

     購入商品:ポケット

  • 70代

    とても美しい高級感のあるものがみつかり、うれしく思っています。ネットで商品を探しましたが、実際に商品をショールームで見ることができたので、納得して購入することができました。

     購入商品:カナタ

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す