店舗を探す

ミニ骨壷純金

純金。有史以前から気高く人々を魅了し、不変の価値で永遠を象徴しつづけるもの。
その高貴な光沢を掌にやさしい曲線に伸ばし、やすらぎの形に仕上げたシンプルモダン純金。
ミニ骨壺として安心して納めていただけるよう、嵌合部を特別に開発するなど、こだわりの細工を施しています。
そこに小さな太陽があるように、今を暖め、明日を照らす輝きが心を前向きにしてくれます。

純金の商品一覧

ミニ骨壷とは

  • 手元に置ける小さな骨壷

    ミニ骨壷は、大切な人のご遺骨を自宅に置くことのできる骨壷です。一般的な本骨壷に比べ、高さ6センチ前後の小さなサイズで、お部屋やインテリアに馴染むおしゃれなデザインが特徴です。
  • 近年関心が高まる「手元供養」の一つ

    まだ離れがたい、大切な人が亡くなった後も共に生きたいという想いから、近年選ばれているのが、遺骨を身近に持つ「手元供養」です。ミニ骨壷のほか、他にペンダントに納める遺骨ペンダントなどもあります。
  • 手元供養は難しいことではない

    遺骨やミニ骨壷と言っても、取り扱いは決して難しいものではありません。お墓への納骨や散骨前の本骨壷から、ミニ骨壷の大きさに合わせて少量ご遺骨を取り分けます。親子や兄弟同士でそれぞれ分けて持つ方も。
  • 家族で共に、これからも暮らす

    家族が集まる家で、これからも共に団欒を過ごす。生活の瞬間にいつもそばに。旅行先などの特別なシーンで、一緒に想い出を作る。そんな想いを叶えるのがミニ骨壺、ソウルプチポットです。
  • ひとつひとつの想いから発想

    大切な人の好みにかなうもの。残された方の励ましになるもの。そんな願いから、ひとつひとつのデザイン・アイデアが生まれます。
  • 上質で本物の素材

    ずっしりと重みのある金属製、温かみのある木製、素材感から耐久性まで厳しく吟味しています。いつまでもかわらぬ想いと美しさで大切な人を包みます。

手元供養の方法についてもっと知る

ミニ骨壷を購入したお客様の声

  • 50代

    手のひらにのせて両手で包み込める大きさで、亡き母と繋がりあえる気がして、抱きしめているように感じられ、想い出が走馬灯のようにうかび、涙がでて止まらなくなりますが、いつも一緒でそばにいてくれると思うと、頑張ろうという気持ちが少しづつですが、わいてきて毎日元気でいなくてはと一歩ずつ前に進めるような気がします。

     購入商品:ポポ

  • 50代

    携帯で持ち歩くには丁度良い大きさです。いつも上着またはズボンのポケットに入れて常に肌身離さず持っています。

     購入商品:ポケット

  • 50代

    故人の雰囲気に合い、またリビングの家具等とも調和してよい。

     購入商品:ころん

  • 50代

    とても品があり、美しい蒔絵はそれだけでも気持ちが落ち着きます。納骨後はお仏壇の片隅に置いています。故人がいつもここに居てくれると思うと、心の拠り所となっている事に気付かされます。

     購入商品:蒔絵

  • 40代

    子供の骨なので小さいものを探してました。あまり目立つのも嫌だったので、サイドテーブルにちょこんと乗せてます。卵型なのでかわいくて手のひらで包めてとても良いです。

     購入商品:ポポ

  • 30代

    急逝だったので、心の整理がつかなく、近くに居てほしいと思い購入しましたが、良かったです。かなしくてショックで食事をあまりしていませんでしたが、実際近くに(骨)あることで、近くに居るので、心が軽くなりました。

     購入商品:ポポ

  • ソウルジュエリー
  • ソウルプチポット
  • ソウルステージ

全国の取扱店舗・葬儀社でお買い求めいただけます。

店舗では実際に商品を手に取ってお確かめいただけます。
専門スタッフが、ご希望に合わせて丁寧にご案内いたします。

店舗を探す